英語で兄弟構成を伝えよう!

自己紹介や、初めましての人に
兄弟がいることを伝えるときに、
みなさんはどのように伝えますか?

 

今回は英語での兄弟構成の伝え方を紹介してきます。

 

1.兄・姉なのか、弟・妹なのか?

 

例文を見てみましょう。

1人の兄弟がいます。

I have a brother.

姉妹がいます。

I have sisters.

 

教科書にも載っているこの文章。
これでは、兄弟がいることは伝わりますが
兄なのか弟なのかわかりません。

 

 

2.年上を指す”older”

 

brother, sisterの前に“older”をつけると年上の兄弟を表現できます

 

1人の兄がいます。

I have an older brother.

(2人以上の)姉がいます。

I have older sisters.

 

olderは母音から始まるのでolderの前にanを付けます。

 

 

3.年下を指す”younger”

 

brother,sisterの前に“younger”をつけると年上の兄弟を表現できます

 

1人の妹がいます。

I have a younger sister.

(2人以上の)弟がいます。

I have younger brothers.

 

 

 

4.その他の表現方法

 

上に挙げた表現以外にもあります。

 

big / littleを付ける

 

(1人の)姉がいます。

I have a big sister.

 

(2人以上の)弟がいます。

I have little brothers.

 

何番目に生まれたかを伝える

英語圏では、何番目に生まれたかを伝えることも多いそうです。

 

私は長男/長女(はじめっ子)です。

I’m the first-born.

 

私は末っ子です。

I’m the last-born.

 

その他の言い方

私は一人っ子です。

I'm the only child.

 

私は真ん中っ子です。

I'm the middle child.

 

私は3人兄弟の末っ子です。

I'm the youngest of the three.

 

私は4人兄弟の長男です。

I'm the oldest son of the four.

 

私は4人兄弟の2番目です。

I'm the secound oldest of the four.

 

 

5.複数表現の考え方

 

今回の兄弟構成の伝え方のように、複数表現がある場合、
筆者はこのようなことを心がけています。

 

“自分が使うのは1つでもいいが、自分が使う表現以外の表現も知っておかないとリスニングができないので、 リスニングができる程度に一通り覚える!

 

日本語も同様に、同じ意味なのに表現のパターンが複数存在します。
みなさんは、実際に自分が使うのは1つでも、自分が使う表現以外でも当たり前に聞き取り、理解していますよね?
英語も同様です。
相手が何を言っているのかがわからないと、そもそもコミュニケーションをとれません。

ですので、表現が複数ある場合は、
リスニングができる程度に学習しておくことをおススメします。

 

では、次の記事でお会いしましょう!

 

▶おすすめ記事