日本人はなぜ英語を話せないの?

日本では、英語を流暢に話せる人は少ない、と誰しもが聞いたことがあるのではないでしょうか?
先進国では日本がダントツで英語が話せない国なのです!
義務教育で習っていたはずなのに、なぜこんなに話せない日本人が多いのでしょうか?
そして、英語の勉強方法を悩まれている方が多いとは思います。

今回は、日本生まれ日本育ちの筆者が英語の勉強を始めて
「日本人が英語を喋れない理由」を考えてみました!

あくまでも個人的な意見ですので、
ゆる~く見ていただけると幸いです(^^)

 

1.英語を話せなくても生きていける

ビジネスで英語を使えないと仕事にならない
とか、
会社の公用語が英語
という場合も勿論あると思います。

ですが、こういう言い方は上手くないのですが....
普通に日本だけで生きていくだけなら、
日本語を話せるだけで生きて行けちゃうんですよね笑

英語というものを聞いたり話したりせずに「普通に生きてこれた」というのが
英語を習得する機会を失わせているのです。

 

2.リスニングができない

喋ることにフォーカスしてきましたが、
そもそも英語のリスニングに苦労する日本人が多いように思います。

筆者も、英語を勉強し始めた頃は

「英語を話すよりもまず、何を言っているのかさっぱりわからない!

と思っていました。

何を言っているのか聞き取れなければ、
コミュニケーションの取りようもないですよね?

ではなぜ、日本人は英語のリスニングができないのか?
理由は、簡単です。 それは、

ネイティブ英語に触れてこなかったからです。

 

3.ネイティブ英語に触れてこなかった

みなさんの義務教育時代を思い出してください。
英語の先生はネイティブに英語を話す先生でしたか?
筆者の英語の先生は、ネイティブスピーカーではありませんでした。

確かに、ELTの先生はいましたが
ほとんどは日本人の英語の先生に教わっていました。
筆者の学校はELTの先生が1人しかいなかったから、
そもそもほとんど授業に来なかったのです!笑

そう、

唯一英語で触れる機会のある学校の授業でさえ本物の英語に触れていないのです!

そして、知らぬ間にバリバリの日本語英語を教わっていたのです。

 

4.日本語英語とネイティブ英語は別物

そもそも、私たちが触れていた英語が全てネイティブ英語なのであれば
「日本語英語」という言葉すら存在しないのです。

私たちが知っている(教わった)「英語」は、
本当の「英語」ではなく、「日本語英語」です。

つまり、別物です。

思い返してみてください。

一度は、海外ドラマや海外映画を字幕(音声は英語)で見たことはあるのではないでしょうか?

そこに出演している俳優は、日本語英語を話していますか?

発音、イントネーション、顔の表情は私たちが知っている日本語英語と比べてどうですか?

何もかもが全く違うと思うでしょう。

 

5.英語の勉強方法は?

筆者が最初に行ったことは、
耳に入れる言語を、ほとんど英語に変えることです。

私は、海外ドラマが好きだったので
日本語吹き替えで見ていたのを字幕に変えてみたり、
英語に対応しているアニメを見たり、
洋楽を聞くようにしていました。

また、テレビをつけてしまうと、日本語が流れてしまうので
テレビはつけずに、英語のラジオをかけたりしています。

筆者が実際にやっている、英語の勉強方法を
こちらの記事にまとめてあるので、
気になる方はチェックしてみてください♪

 

6.あとがき

筆者なりの、日本人が英語を喋れない理由を挙げていきました。

何事も、できないことを克服したり、習得したりするときには
「なぜ、自分はできないのか?」を振り返ると
その克服方法が見えてきます。

これを読んでいるみなさんは
これから英語の勉強を始める人、
英語を勉強しているのに全然話せるようにならない!
と悩んでいる人、
それぞれいろんな思いがあるのではないでしょうか?

今一度、自分の習慣を振り返ってみましょう!
そこに、自分ができない理由が見えてくるかも知れません。

筆者もまだまだ勉強中です!

一緒に頑張って行きましょうね(^^)/

▶おすすめ記事